【哀感】造句:
  • 大部屋俳優の哀感をさりげなく描写した小品である。
  • この劣等感や悲哀感については、多くのインタビューで語られている。
  • 歌う人、聴く人の琴線に触れ、哀感や郷愁、懐かしさなどをそそる歌を指すことが多い。
  • 「夜の新宿 裏通り…」で始まる哀感漂う悲恋を歌った曲で、60万枚の大ヒットとなる。
  • 閑寂な境界を現出した冬歌や、内省的な述懐歌に秀歌が多く、恋歌にさえ孤独な哀感が漂う。
  • 全編に笑いが多く軽めのタッチとなっているが、その面、大部屋役者の哀感は失われている。
  • 他の作品に『隅田川暮色』、作下町の女の哀感を描いた『洲崎パラダイス』、『夜光の女』等。
  • 両方の資質を遺憾なく発揮し、異様なイメージと哀感に溢れる代表短編に「チンポロジー」がある。
  • 本編中のエピソードの大半は、多少の哀感はありつつもギャグに徹していたが、最終回はシリアスとなる。
  • 肉感的な女性を哀感たっぷりに描く作風で人気があり、近年、昭和の官能劇画を代表する一人として作品集が刊行されている。
  • 正妻?濃を演じる和久井映見の、壮絶かつ哀感溢れる殺陣とも相まって、この情景は短時間ながら大きな印象を視聴者に残した。
  • 他の出演者に岩尾のブサイクぶりを散々言われると、「やめてぇ~~~!!」と叫び、悲哀感漂うBGMが流れ出し、ブサイクであるがために受けた辛い過去を長々と語り出す。
  • その豪放磊落かつ硬派なイメージが定着した近年は時代劇の英雄役が続いたが、強者の脆弱な内面心理や落魄の哀感を繊細に表現する演技力にも優れ、実力派俳優の呼び声が高い。
  • 3人でいるときのアドリブを交えたやり取りなど、コミカルで明るい演出が随所に施されている一方、登場人物が一人寡黙になるような哀感溢れるシーンも多く、それがドラマの心情的な緩急を生んでいる。
  • 一方で、映画『ラスト?エンペラー』や中国ドラマ『末代皇帝』においては、皇帝から人間として扱われぬ宦官という立場の一種の悲哀感を象徴する存在として、時代にさえ阻害されていく存在として、描かれている。
  • 1964年、100本出演記念映画となった蔵原惟繕監督の『執炎』で、愛する夫を戦争に奪われた女性の姿を哀感たっぷりに演じ、その演技力は誰もが認めるところとなり、同じ蔵原監督の映画『愛の渇き』(1967年)でも熱演を魅せた。
  • また、「長い時を経て再会した新堂とゴジラ=恐竜(VSキングギドラ)」、「バトラの死を悟り、手を離し、その海に紋章を刻むモスラ(VSモスラ)」、「ジュニアの死に咆哮するゴジラ(VSデストロイア)」、「紺碧の海に沈む親モスラとそれを助けようとする幼虫(96モスラ)」といった哀感を込めたシーンも多い。